最も有名なのが「函館五稜郭の桜」

誰にも頼らず ただそこに立ち毎年花を咲かせる力強い存在感の一本桜

弘前公園は四方が濠に囲まれており、その水面は、桜の咲く過程によって様々な変化を見せるのです。桜が満開の時は、透きとおった水面に満開の桜が映り、桜の散り際になると、散った桜の花びらが、水面を覆い尽くします。桜が濠を覆った光景はピンクの絨毯を敷いているかのよう。散り際の桜は花びらの中央部分の赤い色素が強くなるため、このようにしてできた「花筏」は一層鮮やかに見えるのです。花筏は「死ぬまでに行きたい!」と思う世界の絶景 (The unparalleled view in the world)にも選ばれています。

世界遺産・吉野山の約3万本の桜をはじめ、松前公園が約1万本、北上展勝地が約1万本、河津町が約8千本と圧巻の本数で訪れる人を魅了します。

霞ヶ浦の河口付近から虫掛方面まで続く道に、約500本の桜が植えられています。陽春の空の下、川のせせらぎを聞きながら河川敷をのんびりと散歩してみてはいかがですか。

青森の桜は国内でも評価が高く、一見する価値は十分。

園内で最大規模を誇る西濠では、そこに架かる「春陽橋」から、ここでしか見ることのできない絶景を見ることができます。幅の広い濠の両サイドに桜が立ち並んだこの風景からは、日本三大桜名所と評される訳が分かります。夜だからこそ、桜以外のものは周囲の暗さと同化し、よりはっきりとした桜の景色を楽しむことができます。

「日本夜景遺産 ライトアップ夜景遺産」の高田公園をはじめ、感嘆の声が聞こえるほど絶景の弘前公園、なばなの里、五稜郭公園など全国におすすめの夜桜スポットがあります。その他にも夜桜が観賞できるスポットはこちらから調べることができます。

誰にも頼らず、ただそこに立ち毎年花を咲かせる力強い存在感の一本桜。今年も変わらない姿を観にいきましょう。

県南部には、歴史上、弘前城を拠点とした津軽氏と敵対した南部氏が拠点としていた聖寿寺館の後となる三戸城があります。現在は復興天守が築かれており、弘前公園に加え、城と桜を見ることのできる、県内でも貴重なスポットです。この一帯は城山公園として整備されており、ソメイヨシノ、ヤエザクラ、ヤエベニシダレなど、約1,600本もの桜が咲く、県南随一の桜の名所であり、毎年多くの観光客が足を運び、地元の憩いの場としても人気な場所です。

あなたが決めた桜の木の「つぼみ〜開花〜満開〜葉桜」までをリポートしながら見守っていくイベントです。

園内えんないの雑木林ぞうきばやしに自生じせいする桜さくらの野生種やせいしゅです。ソメイヨシノに似にていますが、花はなが咲さくと同時どうじに赤あかっぽい葉はを出だすのが特徴とくちょうです。木きによって咲さく時期じきが異ことなり、ソメイヨシノとほぼ同時どうじに咲さくものから1、2週間しゅうかん遅おくれて咲さくものまであります。

北海道はその土地の大きさ故に、エリア毎に気候も異なるため、様々な時期に桜が見頃を迎えます。最も有名なのが「函館五稜郭の桜」。約1,600本の桜が4月下旬~5月中旬の間に見頃を迎え、GWの時期でもあることから、道外からも多くの観光客がお花見に訪れます。他にも直線約7kmにわたって約3,000本の桜が咲く「日高・静内二十間道路桜並木」や、敷地面積約10haの広大な土地一面に咲く「大空町・東藻琴の芝桜」など、スケールが桁違いの絶景桜をご覧いただける名所が多く存在します。

国道125号から正門へと続く坂道は、4月になると桜のトンネルとなって新入生を迎えます。

目の前の桜の満開日はいつ?

谷崎潤一郎の「細雪」にも登場するベニシダレザクラなど、約20種約300本の桜が、約1万坪の神苑で咲き誇り、風雅な平安朝の春を香らせます。

ソメイヨシノを中心とした1,500本もの桜と1,800本もの黒松の老木が広がる芦野公園。日本のさくら名所100選に選ばれており、園内には、レトロな外観のローカル線、「津軽鉄道」が走っており、桜のトンネルをくぐり抜ける光景は、どこか懐かしさを感じさせ、国内でも非常に珍しいスポットとして人気です。外から見るもよし、津軽鉄道に乗って車窓を覗くもよしとどちらでも楽しめます。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA